名門校の受験にかかる費用

受験に対する捉え方。

受験の捉え方について

みなさん「受験」という言葉に対し、悪いイメージを持っていたりしませんか。確かに受験は費用がかかるし、好きなこと(例:スポーツやゲームなど)の時間を勉強にあてなければいけません。勉強が好きだという人は楽だと思いますが、そうでない人が大半をしめているのは事実です。では、何を求めて受験を行うのでしょうか。将来の夢が決まっている人はその夢に繋がる学校へ行きます。しかし、具体的な夢が決まっていない人は、後の事を考えて名門校を志望します。また、友人との繋がりを大切にして同じ学校を志望する人もいるでしょう。大切なのはその学校に行きたいか、あるいは、その学校から進む道に興味があるかです。つまり、受験後に希望を抱くか否か、ということです。そのことについて考えている人は、それを手段だと考えます。逆に、それの合否について考えている人は、名門校などに合格することを終点としているため、それは苦痛でしかないのです。確かにそれに「確実」は存在しませんから、受からなかった時の費用のことや生活のことを考えてしまう気持ちは、わかります。でも、受験を手段として、通過点として捉えた方が気持ちは楽だと思いませんか。費用がかかろうと、名門高校に行けなかろうと、それはいい経験になるでしょう。

受験の有益情報

↑PAGE TOP